エルさんエルさん

こんにちは。エルさんです。

今回はエルフィングの成分について説明していきます。

エルフィングがダイエットや美容にいいというのはわかりますが、実際にどういった成分が入っていてどのような効果があるのでしょうか?

成分についてこんな疑問があるのではないでしょうか?

  • エルフィングのどんな成分がダイエットにいいの?
  • エルフィングのどんな成分が美容に効くの?
  • エルフィングのどんな成分が疲れに効くの?

などなど・・・

ここではエルフィングの効果について解明していきたいと思います!



↓【送料無料】980円でエルフィングをモニターチャレンジ↓

1日33円でエルフィングを試す

期間限定特別価格でご提供

エルフィングの成分

エルフィングの成分

エルフィングには、

  • ビフィズス菌536株
  • フラクトオリゴ糖
  • グァ豆ファイバー
  • スーパーフード
  • 10種類の栄養素

が入っています。

それぞれの成分の詳細についてみてみましょう。

エルフィングの成分①ビフィズス菌536株

エルフィングの成分①ビフィズス菌536株

シンバイオティクスとして生きたまま届く善玉菌です。

シンバイオティクスとは、プロバイオティクスとプレバイオティクスを合わせたものを言います。

プロバイオティクスが生菌として、腸内菌叢(きんそう)バランスの改善などの作用により有益に働き、
プレバイオティクスは腸内有用菌の増殖を促進したり、有害菌の増殖を抑制したりすることにより有益に作用が働くんです。

この2つを組み合わせることにより、双方の機能がより効果的に働くことを目指しています。

つまり、一般的なビフィズス菌よりも生菌数が高く、生きたまま腸まで届くのです。

エルフィングの成分②フラクトオリゴ糖

エルフィングの成分②フラクトオリゴ糖

オリゴ糖というのは聞いたことがある方も多いと思います。

このフラクトとは、フラクトースというもので、果糖のことです。

フラクトオリゴ糖とは、この果糖が連なったオリゴ糖を表しています。
甘味料としても使われているんですね。

フラクトオリゴ糖は難消化性のため、消化酵素で分解されません。

そのため胃や腸で分解されず、そのまま大腸まで届き、善玉菌の餌になってくれます。

また、糖として吸収さないので、血糖値をほとんど上げません。

そのため、糖を脂肪として貯め込む働きがあるインスリン分泌への影響もありません。

エルフィングの成分③グァ豆ファイバー

エルフィングの成分③グァ豆ファイバー

グア豆とは、インドやパキスタンで食用にされている、エンドウ豆の一種で、たんぱく質摂取に役立っている食物繊維です。

クラスタ豆とも呼ばれています。

グア豆の胚乳(正確には子葉)部を粉砕して得られたグアーガムは食品添加物として認められていて、増粘剤、増粘安定剤、ゲル化剤として広く用いられているのです。

このグア豆を酵素で処理したグア豆酵素分解物を水溶性食物繊維として用いています。

これも自然のものですね。

まずグア豆には整腸作用があります。

水溶性の食物繊維だからですね。

便通を改善し、腸内環境を整え、下痢の症状も改善してくれるのです。

その一方で医療現場では、抗がん剤による便秘にも用いられています。

腸のはたらきを正常にしてくれるということですね。

他の食物繊維よりも人の腸内細菌に発酵分解されやすく、腸内細菌が短鎖脂肪酸を再生し、短鎖脂肪酸が腸内の水分量を調節してくれるという働きになっています。

また、コレステロールを減少させる作用と、血糖値の上昇を抑制する作用があるんです。。

一般的な水溶性食物繊維やオリゴ糖はある一定量を超えると、腸がいらないものとして排出してしまいます。

これが下痢という結果を招いてしまうことも多いのですが、グア豆は水溶性食物繊維や消化酵素によって分解されにくいため、ミネラルやカルシウムの吸収を促進し、コレステロールから作られる胆汁酸をも吸着してくれるのです。

腸が吸収しすぎる脂質を正常な吸収量に調整してくれる働きもあります。

多くの作用がおなか回りの健康を助けてくれるんですね。

エルフィングの成分④スーパーフード

エルフィングの成分④スーパーフード

エルフィングには12種類ものスーパーフードが含まれているんです。

その中でも特に有効なものを紹介します。

  • モリンガ

モリンガはインド原産の樹木です。

ほとんどの部分を余すことなく、高い栄養価が含まれています。

モリンガの葉には、90種類以上の栄養素が含まれています。

栄養素の種類の数だけではなく、含まれている量も多いのがモリンガの特徴です。

「300の病気を予防する、薬箱の木」、地球上の食べられる植物の中で「最も高い栄養成分を含む植物」と言われることもあります。

ポリフェノールをはじめとする46種類以上の抗酸化物質を持つとされているんです。

その他、代表的な栄養素としては、カルシウム・タンパク質・マグネシウム・ビタミンA/B1/B2/C・カリウム・鉄分・食物繊維などがあります。

これだけで美容サプリメントみたいなものですね。

効能としては、デトックスとアンチエイジング効果が期待できます。

病気の予防だけでなく、肌の老化を守り、シミやしわ、そばかすといった肌トラブルも予防してくれます。

さらにはダイエットや免疫力アップ、便秘解消、不眠の改善、抗菌作用、抗がん作用、貧血の改善など、モリンガにはそれだけで多くの問題が改善できる力があります。

  • リンゴベリー

リンゴベリー

コケモモとも呼ばれています。

フィンランドでは一般的植物であるリンゴベリー。

北欧では、コンポートやジャムとして食べられていることも多いです。

近年高い栄養価が改めて認められ、スーパーフードとして世界中から注目されています。

リンゴンベリーの特徴とは、αアルブチンを含んでいることです。

αアルブチンは、厚生労働省から美白成分として効果があると認可を受けている成分です。

αアルブチンは、肌トラブルの元となるメラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素を抑制します。

ビルベリーに多く含まれていることで有名なアントシアニンも含まれています。

リンゴンベリーは様々な種類のポリフェノールを含有していることが大きな特徴です。

ポリフェノールは抗酸化作用、美肌作用などが期待されます。

スウェーデンにあるルンド大学の科学者チームが、リンゴンベリーに肥満を防止する効果があることを発見しました。

マウスを用いた実験で、高脂肪食をとリンゴベリーをとったマウスと、低脂肪食をとったマウスの総体重と脂肪率がほぼ変わらないという結果が出ました。

また、リンゴンベリーを食べたマウスは、血糖値とインシュリンの測定値が低脂肪食のマウスとほぼ変わらず、肝臓のコレステロール値と中性脂肪も低かったようです。

つまり、普通に食べているマウスが、ダイエット食を食べているマウスと変わらない体型で、しかも健康的になった!ということでしょう。

エルフィングの成分⑤10種類の栄養素

エルフィングの成分⑤10種類の栄養素

エルフィングには10種類の栄養素が入っているので、みていきましょう。

 

  • ビタミンB1

こんぶ375g分のビタミンB1が入っています。

ビタミンB1とは、糖質からエネルギーを作り出すときに役に立つものです。

そのため、ビタミンB1が不足すると、糖の代謝に支障が生じてしまいます。

その結果、体に乳酸などの疲労物質が蓄積しやすくなってしまうのです。

また、神経の機能を正常に保ってくれます。

疲労回復効果があるということですね。

 

  • ビタミンB6

いちご304個分

ビタミンB6はなんといちご304個分も入っています!

水溶性のビタミンのうちのひとつです。

ビタミンB6は、食品中のたんぱく質からエネルギーをつくったり、筋肉や血液などがつくられたりするときに働いています。

エネルギーをつくりだすのに役立つため、疲労によく効きます。

また、皮膚や粘膜が健康にいられることにも役立っています。

ビタミンB6が不足すると、湿疹などの皮膚炎が起こってしまいます。

月経前症候群のある人に、ビタミンB6不足がみられたという研究もあります。

女性の体にとても大切な成分なんですね。

 

  • ビタミンC

ビタミンC

ライム1個分のビタミンCが含まれています。

ビタミンCは聞きなれているけど、あまり性質をよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

ビタミンCも水溶性ビタミンのひとつで、美容のためのビタミンとしてなじみが深いものです。

ビタミンCはコラーゲンをつくりだすのに欠かせません。

そのため、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。

また、抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにも不可欠ですね。

不足するとストレスや風になってしまうので、しっかり摂る必要があります。

 

  • ナイアシン

ナイアシン

ほうれん草5パック分のナイアシンが含まれています。

ナイアシンも水溶性ビタミンB群の一つです。

ニコチン酸とニコチンアミドの総称をいいます。

ナイアシンも皮膚の健康を保つほか、腸内の健康も維持するなど、幅広く作用します。

不足すると口内炎や下痢になってしまいます。

また、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に役立つので、ダイエットにもぴったりですね。

 

  • ビタミンB2

モロヘイヤ1パック分が入っています。

ビタミンB2も、糖質・脂質・たんぱく質の代謝をサポートしてくれる栄養素です。

他にも、皮膚や粘膜、髪、爪などの細胞の再生を手助けしてくれます。

老化の進行の一員とされている、過酸化脂質を分解して消す働きもあるんです。

アンチエイジングにも役立ってくれるんですね。

不足すると、だるくなったり、疲れやすくなったりするだけではなく、皮膚荒れの原因、髪質の悪化も招いてしまいます。

 

  • セレン

セレン

カシューナッツ1袋分のセレンが含まれています。

セレンというのは聞きなれない方も多いかもしれません。

セレンとは、人にとって必須の微量元素です。

酵素やたんぱく質の一部を構成してくれるので、美肌によく効きます。

また、抗酸化反応においても重要な役割を担ってくれているので、アンチエイジングにも効くんですね。

不足すると、がんなどの重大な病気にもつながってしまうため、人の体には欠かせない栄養素となっています。

 

  • 葉酸

葉酸

納豆4パック分の葉酸が入っています。

葉酸は妊婦などに必要と言われている栄養素ですね。

これも水溶性ビタミンB群の一種です。

妊婦に良いだけではなく、シミにも効いてくれるのが葉酸です。

新陳代謝を助ける働きを持っているので、シミのもととなるメラニン色素を排出し、シミを防いでくれるのです。

すべての女性に必要な栄養素ですね。

 

  • 亜鉛

亜鉛

レバー27.2g分の亜鉛が入っています。

亜鉛はつやのある肌や髪をつくってくれるのに欠かせません。

亜鉛は自分の体の中で作り出すことができないので、食事やサプリで摂る必要があります。

体内のビタミンAの代謝を促すので、抗酸化作用の活性化を促します。

過酸化脂質の害を防ぐので、アンチエイジングだけではなく、生活習慣病の予防効果もあります。

また、免疫力を向上させて、風や感染症にかかりにくくなる作用もあるんです。

うつ状態の緩和にも働いてくれるということで、広範囲に人の体に欠かせないものなんですね。

 

  • ビタミンB12

ビタミンB12

いわし25.2g分のビタミンB12が入っています。

ビタミンB12とは、骨髄での正常な血液を作り出す「造血作用」や、脳(中枢神経)や末梢神経の機能維持、脂質やタンパク質の代謝に関与しています。

ビタミンB12が不足すると、造血不良による貧血、脳や神経の機能低下が起きます。

結果、しびれや認知機能低下が起こってしまいます。

しっかり摂ることで、疲れなどの予防になりますね。

 

  • パントテン酸

パントテン酸

プルーン13個分のパントテン酸が入っています。

これも効きなれない成分ですね。

パントテン酸も水溶性ビタミンのひとつです。

パントテン酸は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝と、エネルギーをつくるのに不可欠な酵素を補助する役割をしています。

また、コレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関係しています。

このことから、皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きもしています。

つまり、美肌には欠かせないんですね。

エルさんエルさん

1回分3粒にこんなに栄養素が入っているなんて、びっくりですね。

これを飲むだけで幅広く栄養素が補えてしまいますね。

エルフィングの成分まとめ

エルフィングの成分まとめ

今回はエルフィングの成分を分解して、各効果を説明していきました。

まとめると以下の3つのようになります。

  • エルフィングにはダイエット効果のある成分がたくさん入ってる
  • エルフィングには美肌効果のある成分もいろいろ配合されている
  • エルフィングには疲労回復効果がある成分もたくさん入っている

です。

エルフィングはたくさんの体にいい成分が配合されているため、継続的に服用することで多くの効果が期待できそうですね!

現在キャンペーン中ですので、このタイミングでお試ししてみるのもいいと思います。



↓【送料無料】980円でエルフィングをモニターチャレンジ↓

1日33円でエルフィングを試す

期間限定特別価格でご提供